ご迷惑をお掛けします!

 オヤジは4日前より仕事の配置転換で昼夜逆転の生活を送っております。

慣れぬ夜間勤務で朝9時にはヘロヘロで寝床に伏す生活の連続です…

a0279315_20050392.jpg
もう少し慣れてくるとまたブログの執筆も出来るかと思いますので、皆様にはご迷惑をお掛けしますが、

今しばらくお待ちいただければと思い、お願いいたします!



# by takashi12k20 | 2017-04-23 20:11 | 時事 | Comments(0)

ディープな沖縄酒蔵探訪 『津嘉山酒造所』 今しか出来ない見学に感動す! (沖縄名護)

 オヤジは定期的に沖縄に呑みに行くのですが、昼はいろんな沖縄の地域的な何かを探してウロウロするのが常なのです~その中で酒蔵見学も良く行くのです!

『津嘉山酒造所』

a0279315_11021530.jpg
実は酒造所の前まで行って、中を覗くと工事中でほぼ見学者を受付してくれるような雰囲気は微塵も無い!!!

a0279315_11055436.jpg
この建物の入り口に声を掛けるが、返答も無く、鍵も掛かってる…

諦めてコインパーキングまで帰って、もう車に乗り込んだ時に、嫁さぁたが「電話かけたら?」しかしオヤジ「ホームページには電話番号なかった…」さぁた「スマホで調べたらでてるし!」オヤジ「オッ!!」ということで、

電話して蔵人さんから「中に入って来てください」とOKをもらって、再度突入です!!!

a0279315_11052241.jpg

ここを入っていくのですが、かなり勇気要りますよ!!

a0279315_11053510.jpg
a0279315_11054593.jpg
そして奥に倉庫兼酒造場のような建物が有り、中に今回の見学のガイドをしてくださる秋村さんが瓶詰めの作業をされてました。

声を掛けると、作業を中断して、熱心な語り口調で即座に見学会が始まりました!!(この日はちょうどタイミングが良かったのでこういう運びとなりましたが、作業の具合や【12時から13時の昼休み!特にこの時間】は直ぐに出来ない事も有りますので、時間的にまた気持ちにも余裕を持って臨むことをお願いします!)
説明が始まった時にもう2名の方が合流!御一方は二度目の見学です!

ここ『津嘉山酒造所』は国指定の重要文化財で現在は保存修復作業中でほぼ建物は骨組みだけで建物自体を鉄骨で大きな囲いで覆っています!

その中に秋村さんは「作業中の瓦とかにはさわらない様に!柱とかにぶつからない様に!足元に注意して!」との注意喚起とともにどんどん作業中の母屋の中に入って行きます!!!

a0279315_11260397.jpg
a0279315_11255123.jpg
a0279315_11254132.jpg
そしてこの蒸留器に前でいろいろと解体以前の状況を聞き、この蒸留器の裏にはその蒸気を使って沸かすお風呂が有ったらしいです!!工場と居住スペースが同じ屋根の下にあった。興味深いです!

そして秋村さんの案内で工事の足場を蔦って上に昇り~~

a0279315_11413402.jpg
この状態を見れるなんて超レアな見学です!!!!!!!

上から見る井戸

a0279315_11431357.jpg
この酒造所がいかに古いかと判る大きく成長した「黒檀」の木!!(三線の棹材になる材木でこれほどの木はなかなか無いらしいです)

a0279315_11482686.jpg
そしてドンドン昇って、屋根の修復作業が良く見える場所へ

a0279315_11484392.jpg
a0279315_11485265.jpg
a0279315_11490242.jpg
もうこんな風景が見られるなんて!!凄くワクワクです!!

a0279315_11485265.jpg
a0279315_11572830.jpg
a0279315_11564392.jpg
a0279315_11595618.jpg
a0279315_12002574.jpg
修復作業中の母屋の見学は終了し、事務所?に移動します。

a0279315_12091880.jpg
ここには蔵で保管されてる古酒の甕が有りました。

a0279315_12102108.jpg
そしてここ『津嘉山酒造所』が沖縄戦の時に何故破壊されずに残ったかとか、終戦後占領軍に建物が接収されて使われてた事とか興味深い話を秋村さんから聞けて大変良かったです!!

a0279315_01593393.jpg
a0279315_02022895.jpg
その後、最初に入った瓶詰作業場兼倉庫で試飲会となるのですが残念ながら皆さん運転者ということで無し…

それではと「国華」の販売も可能なので何を購入するか悩みますww

a0279315_02055591.jpg
やっぱ古酒ですね!「5年古酒41度(ステン貯蔵)」の4合瓶を~

オヤジは「国華」を持ってこの日案内してくれた秋村さんと記念写真!!

a0279315_02044142.jpg
まだまだ秋村さんの説明が続きます。

a0279315_14043293.jpg
この『津嘉山酒造所』ではほとんどこの秋村さんが製造から仕上げまで一人で作業をされてるそうで、瓶詰されてから、この台に瓶を置いて、ラベルを手作業で1枚1枚貼っておられるそうです!!

a0279315_14050236.jpg
糊が普通に家庭で使われてるのと一緒で妙な親近感がわきますwww

a0279315_14045109.jpg
古酒の甕が気になる!

a0279315_14051908.jpg
常温で置いてるステンのタンクなのに水滴が表面に付いてるのも気になる!!

ここら辺の事も聞いとけばよかったなぁ~~

そして最後に修復された柱は昔からの黒麹菌が付いてて、酒の味わいを大きく左右すると!!

a0279315_14052701.jpg
この柱から黒麹菌が蔵の中にもわぁ~と出てるのでしょう!そしてこの柱1本を修復するのにも大変な労力と時間が掛かったみたいです。

こういう昔からの蔵の木材を修復して強化して元の母屋を復元する!このために国は重要文化財指定をし、修復費用を予算化し、それに伴い蔵元も新工場を建てたりで多額な費用の出費を出してる。

だからこそ今、修復の現場を見て、蔵の歴史や製品を学び、そして共感したならいろんな形で応援をしてほしいとオヤジは思います!!

いろんな想いを思い起こさせてくれた蔵見学!!非常に興味深く楽しかったです!!

特に今でないと見れない状況を泡盛好きな方々に観て欲しいと切に思います!!

最後に特別に昔の国華のラベルを頂きました!!大切にします!!

a0279315_14054899.jpg
蔵データ

住所 沖縄県名護市大中1丁目14-8

電話 0980-52-2070

見学時間 10:00~16:00
     12~13:00は休憩です!!

定休日 要確認





# by takashi12k20 | 2017-04-19 01:56 | 酒場 | Comments(0)

『寅造』 旨い肴でスタート! (広島本通)

 この日は17時スタート!しかし次の日が朝早くから仕事なのでサクサクっと巡ります!

『寅造』

a0279315_00483611.jpg
メニュー

a0279315_00492550.jpg
a0279315_00493454.jpg
毎回魚の旨そうなのが有って嬉しいですね~~~

まずは「生酛純米 カネナカ」を熱燗で~

a0279315_00532055.jpg
そして広島でコレが食べれる幸せ~~~を実感する!!

「のれそれ(穴子稚魚)」

a0279315_00552178.jpg
美味しいとかでは無くて食感と春の訪れを感じる風物詩として味わいます!

もう一品「サヨリ昆布〆」

a0279315_00584906.jpg
a0279315_00585936.jpg
a0279315_00591063.jpg
ネットリ旨い昆布〆!!一枚一枚よ~~~く味わって食べては呑む!

そして骨せんべいをカリカリ齧っては呑む!

結局頭までバリバリと食べて、昆布〆食べて、「カネナカ」呑んでが続きww

ここで『魚寅』のゆうこりんが来られての久しぶり!!!

お代わりも「カネナカ」


a0279315_01041155.jpg
肴も追加で「おでん」

a0279315_01094171.jpg
ゆうこりんから『魚寅』1周年と聞いて、次の休みはお祝いに行くぞ!と決めて~

本日も良いスタートが切れました!!

やはり『寅造』大将の技の肴が旨い酒場です!!

お店データ

住所 広島市中区本通5-13 本通WAVE1F

電話 082-247-1082

営業時間 16:00~24:00

定休日 日曜




# by takashi12k20 | 2017-04-12 00:15 | 酒場 | Comments(0)

『串かつ 寅卯』 1962日間の実績が飛び切りの肴を生む!! (広島土橋)

 もう既にこの日も3軒目に突入!!酔っ払いはカメラもブレブレ~しかし舌はブレてませんよ~~~!!

『串かつ 寅卯』

a0279315_12063443.jpg
大将にはもう何軒目?三軒目?それにしては出来上がっちょるね~と呆れられても、燗酒をオススメで注文!!

「五橋 純米酒」

a0279315_23580616.jpg
a0279315_23581562.jpg
a0279315_23582456.jpg
毎回『寅卯』で呑んでるようだけど、毎回この「五橋」の旨さには驚かされる!ほんと旨味がハッキリとしてて酸が効いてて呑み易く味わい深い!!!

メニューを見ると!!

a0279315_00011371.jpg
a0279315_00012366.jpg
1962日目と書かれてる!!もう5年が過ぎてる!!もう老舗の風格が出てますね!!!

そして大将に肴を聞くと「ヤゲン」と云われたので注文。

a0279315_00033020.jpg
a0279315_00034087.jpg
a0279315_00035173.jpg
普段食べる「ヤゲン」とは全然違う!!「ヤゲン」の軟骨に肉が若干付いてるのがイイ感じで味わいがアップしてて塩コショウと共に酒の肴になるように作られてる!!!

こりゃぁ~凄い!旨い!呑める!とオヤジ絶賛!!!!!

そしてもう一品とお願いすると、今度は「ニラ玉」と大将が言う!!

a0279315_00124445.jpg
a0279315_00125274.jpg
a0279315_00130132.jpg
これがまたビックリ!!の旨さ!味付けが他の酒場とは一線を画する!!濃いタレの味わいとふんわりと焼き上げられた食感!!素晴らしいです!!!

やはり今まで築き上げてきた実績の成せる技と味わいなんでしょう!!!

こんなに旨い肴を出されたら酒は必然的に進みます!!

「家伝造り 生酛純米 カネナカ」

a0279315_02275933.jpg
a0279315_02280759.jpg
燗にしてまろやかな旨味酸味で旨い!!燗冷ましがまたイイ感じに味の濃さが上がってくるようないつまでも楽しめる酒!

このように思えるのも旨い肴「ヤゲン」と「ニラ玉」が有るから!!

『寅卯』普通にどこの酒場でもあるようなメニューでさえ、他の酒場とは一線を画する酒に合う味わいが有る!!

ほんと1962日の積み重ねは素晴らしいと感動したオヤジです!!

お店データ

住所 広島市中区堺町2丁目6-20 堺町ビル1F

電話 082-292-1602

営業時間 17:45~2:00

定休日 火曜日



# by takashi12k20 | 2017-04-12 00:00 | 酒場 | Comments(0)

『TaChinomi サケサケ』 極上の海鮮肴で呑める酒場! (広島紙屋町)

 広島市内に16時に到着するとココに行きますね~~

『TaChinomi サケサケ』

a0279315_11294562.jpg
a0279315_11300646.jpg
a0279315_11303264.jpg
ここ『サケサケ』では北海道の日本酒が呑めます!

オヤジもスタートは「国稀」

a0279315_11390226.jpg
『サケサケ』の冷酒はグラスもキンキンに冷えてるし、酒自体もよ~く冷えてるので凄く美味しい!

この「国稀」も甘旨く冷えがキレを良くしてる!!

メニュー

a0279315_11420699.jpg
a0279315_11421691.jpg
いつもながらカッコいいディスプレイ!

a0279315_11422514.jpg
そして店内は立ち呑み酒場とは思えないほど高級な造りです!!


肴はココに来るとコレですよ!!!!

「空とぶホタテ刺」

a0279315_11454175.jpg
a0279315_11455338.jpg
この「ホタテ」を食べると他のところで「ホタテ」が食べれなくなるぐらい旨くて新鮮です!!

そしてこの「ホタテ」を肴に呑む北海道の日本酒はよ~~~く絡んで一層美味しく味わえます!!

北海道直送ばかりかと思ってたら境港産が有りました!!

「境港産 かに酢」

a0279315_11565664.jpg
a0279315_11570604.jpg
a0279315_11571407.jpg
かに味噌付で味わいがイイネ~~!!身の味も美味しくて、これもいい肴です!!

いろいろと店長さんと話してると、コレを出してくれました~

「こんにゃく田舎煮」

a0279315_12091092.jpg
これも酒に合う味付けで素晴らしい!!店長さんが『サケサケ』は海鮮だけでは無くこういうのも旨いよと云わんばかりのホント旨い味付け!!!技ですね!!!!!

サービスで頂いたので量は少ないですが、正規の量はもっと多いですよ!

a0279315_12123368.jpg
もう一杯イケますね~「丹頂鶴」

a0279315_12142255.jpg
淡麗系の呑み易い味わいでグイグイイケます!!

今日も良いスタートが切れました!!さぁ~呑み巡るぞ!!

お店データ

住所 広島市中区紙屋町2-2-28

電話 082-247-8915

営業時間 16:00~23:00

定休日 日曜、祝日



# by takashi12k20 | 2017-04-11 00:07 | 酒場 | Comments(0)