『酒と肴 三心』 オヤジにとっては心安らぐ酒場 (広島大須賀町)

 この日の5軒目~とうとうK藤T也さんと22時なのにやって来ました~!!

『酒と肴 三心』

a0279315_01560275.jpg
やっぱ酒場に繰り出すと必ず訪問したい『三心』です。

この日のメニュー

a0279315_01575873.jpg
年末年始のお知らせ!!(これは重要!!)

a0279315_01584734.jpg
まずはお任せで、「旭菊 生酛純米クラシック」をお燗で~

a0279315_02010837.jpg
a0279315_02014818.jpg
a0279315_02024203.jpg
酸の効いたパンチのある酒ですね!福岡の蔵なのでやはり呑み易くなってますね!

メニューの中で見慣れぬ肴が!!すかさずオーダー!!

「ねりウニと半熟たまご」

a0279315_02072774.jpg
半熟たまごのトロリとした食感と味わいにウニのねっとりとした濃い旨味が纏わりついて旨い旨い!!!

a0279315_02092633.jpg
これはまたまた新しい肴の登場です!!オヤジはまた経験値がUP!!

次は「竹鶴 純米清酒 秘傳」

a0279315_02170119.jpg
a0279315_02171646.jpg
濃くてバランスの取れた旨味酸味がええ感じで効きますね~~!

こういう味わいのある酒をチビチビ呑みながら、旨い肴を摘まみ、大将、同席した方々と落ち着いた話が出来るこじんまりしたカウンターのみの酒場。

こういう酒場で呑むのがオヤジの理想!そしてたどり着けたのはオヤジの日ごろの行い、そして大将やそこに集う方々のお蔭だと思います。そして様々な運命が重なり合って『三心』で呑めるのだとオヤジは思います。

最近いろいろと自分の事はさて置いて、人に対して恨み辛みを投げかける方を見かけますが、やはりそういう人には落ち着ける居場所が無いのだと思います。
そういう人も自分の置かれてる現状に気づき、是非心安らぐ居場所を見つけて欲しいと切に思います。
オヤジも普通の人間ですから、嫌な事、苦しい事、どうにもならない事が多々あります。しかし落ち着ける場所が家庭であり、良くしてもらえる酒場であり、今までいろんなところで繋がれた人脈であり、そういう心安らぐ居場所が沢山有るので人生において助けてもらってると感謝しています。
そして心が痛むようなことは忘れることが良いと思います。いつまでたっても痛いだけですから…
この前の吉田類先生の講演でも「重い物を背負ってると遠いところには行けない。忘れることが良い。」と云われています。

この大将も強面ですが、結構気にされてます…

a0279315_02340389.jpg
ただ大将がキレるのも訳が有るのです。その辺はご理解を…

今夜も落ち着いたカウンターのみの酒場では、またひとつメモリーな乾杯が行われました~

a0279315_02371269.jpg
a0279315_02374244.jpg
やはり心安らぐ酒場にはエエ酒呑みが集います!

a0279315_02385123.jpg
こういう乾杯は日頃のしがらみから自分自身を解放させる儀式の様にも思えます。

皆さんも心安らぐ酒場で良い出会いの方々と乾杯してください!

『三心』をはじめオヤジをいつも心安らぐ居場所として迎えてくれる酒場に感謝!

a0279315_02422734.jpg

お店データ

住所  広島市南区大須賀町12-2

電話 082-263-2014

営業時間 18:00~24:00

定休日 日曜日



変貌を遂げようとしている広島駅前

a0279315_02443549.jpg
オヤジも絆は大切にしながらも変化する世の中に合わせてこれからも流浪します…

さぁ終電で自分の心安らぐ居場所に帰ります!

a0279315_02481651.jpg

by takashi12k20 | 2014-12-30 02:51 | 酒場 | Comments(1)
Commented by takashi12k20 at 2015-01-04 00:03
>匿名希望さん、はじめまして。そうですか、残念な事ですね。私は幾度となく『三心』に訪れてますが、そのようなボッタくりに有ったこともございませんし、またそういう場面に遭遇したこともございません。ただ大将がお客さんの大人げない行為や言動に出て行ってくださいと言われた現場には何度か居合わせました。その時々の原因はほぼ全て大なり小なりお客さん側に有ったと記憶しています。まぁお客さんの方は自覚症状が無いから何で出て行けって言われたか判らないでしょう。
ただ言えるのは『三心』がそんなに酷い店であれば、直ぐに潰れるでしょう。しかし常連は沢山付かれてますし、同業の有名な酒場の方々も沢山来られています。そして何より私は三心の大将とは何のつながりも無い県外出身の全くの他人ですが、快くいつも入店させていただいています。
大将の知人友人も常連として沢山来られていますが、赤の他人の方々もどんどん常連になられて来られているのを目の当たりにしています。
こういう酒場だと私としては認識して、また旨い酒と肴を常に提供してくれる酒場だと感じてブログに書いています。
お二人で6千円のご請求ですか、納得いかないのであれば、直接行って大将に言われた方がいいのでは?そうしないといつまでたっても解決しませんよ!私なら違う時はハッキリと当事者に言います!ここで書き込んでも解決にはなりませんし、ご自身の心の中でくすぶるだけですよ。
私も正月早々にこのような心苦しいコメントをお返ししなくてはならず気分的にも重いです…       おわり。
<< 今年一年ありがとうございました! 『地酒と炙 竹馬』 御馳走はこ... >>