香川丸亀の 『馬酔木(あしび)』 独特の雰囲気の中、禁断の酒を呑む!

昨夜の事なんですが、オヤジは相方さぁたの里に帰ってきて、さぁたの弟衆かず&ひとっさんと合流しての呑み!

前々から噂は聞いていた、丸亀では老舗の酒場、独特の雰囲気、素敵なマスターのお店に行ってきました~

『馬酔木』 (あしび)

a0279315_220384.jpg


飲み屋街からちょっと外れたところにあります。

a0279315_2221185.jpg


二階にあるので、狭い階段を上がりますが、暗い!

a0279315_2231651.jpg


いきなりの真っ暗に近い店内!!

a0279315_2245077.jpg


いつものオヤジのデジカメを高感度設定にしてこの暗さ!

なんか淫靡な雰囲気?落ち着いた雰囲気よりも更に深いところのような独特の空気が流れています!

弟衆は「生大」

a0279315_2295592.jpg


オヤジはこの雰囲気の中、メニューの中から探す!

a0279315_22123537.jpg


「どぶろく」?

暗くて見えない!?

a0279315_221325.jpg


「あぶさん」!!!

これでしょ!!今しかない!

何もわからず注文!マスターが「60度有るけど大丈夫?」

オヤジ「望むところだ!」

a0279315_22154650.jpg


チェイサーのお水と共に登場!

一口呑むというより口をつけただけで、凄い味!!

a0279315_22175212.jpg


ケミカル系の有機溶剤のような香りと味!とてもじゃないが酒ではない!

しかし妙にチェイサーの水を呑むと口をつけたくなる!

マスター曰く「ちょっと幻覚作用があるし、エロ作用もあるような…」と!

確かに60度というキツいアルコールは感じられるのですが、すごく頭は冴えている!

店内をあらためて見回す

a0279315_22241927.jpg


a0279315_22243156.jpg


a0279315_22244469.jpg


ここの独特な空気に支配されてるように思えるのですが、居心地はすこぶるイイ!

肴も旨い!

a0279315_222753.jpg


いつもなら綺麗な写真を欲するオヤジもココの空気に支配されどうでもいいような写真が…

弟衆はビール呑みまくり!

a0279315_22284681.jpg


ただ見ての通り、暗い!

掟破りの暗さを壊すフラッシュ!

a0279315_2231452.jpg


「あぶさん」=アルコール度数が高く70%前後のものが多い。ニガヨモギの香味成分であるツヨンにより幻覚などの向精神作用が引き起こされるとされ、20世紀初頭にはスイス・ドイツ・アメリカなどでアブサンの製造・流通・販売は禁止された。1981年にWHOが、ツヨン残存許容量が10ppm以下(ビター系リキュールは35ppm以下)なら承認するとしたため、製造が復活。禁止国であったスイスでも2005年3月1日に正式に解禁された。

らしいです!

なかなか手ごわい酒「あぶさん」なんとか呑み干したオヤジでした~でも最後にはクセになる味わいでした!

こんな酒呑んだのは初めてでしたが、こういう酒がある『馬酔木』イイですね~

そして雰囲気良過ぎ!お客さんもカップルからお一人様、それと判る制服を着た本職?の方まで来られてて、安心して呑める酒場です!

またまた名店を見つけましたね!

a0279315_22391557.jpg


お店データ

住所 香川県丸亀市通町137

電話 0877-24-2756

営業時間 定休日 不明 要確認


by takashi12k20 | 2013-05-16 22:45 | 酒場 | Comments(0)
<< 広島大手町の 『デリカセロリ』... 広島土橋の 『串カツ 寅卯』 ... >>